スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
j1.jpg



こは、どこ…?


青空が広がり空気があって、

地球だとは思うけど、

子供の頃に姉と テレビ で見た

“宇宙家族 ロビンソン ”が漂着した

どこかの見知らぬ惑星のようにも思えます…。



j2.jpg



あたり一帯に繁茂する奇妙な形の木、

ジョシュア・ツリー …。



j3.jpg
ジョシュア・ツリーは、ユリ科の草に属する。大きいもので15mの高さに達し、推定年齢約900年のものもある。



乾ききった大地にそびえる奇岩の丘…。


かろうじて生きているように見える低木や草々…。



j5.jpg



こは、ジョシュア・ツリー国立公園 (1994年に制定) 。


ロサンゼルス から10号線を東に向かって

約150マイル(240km)ほど行った所にある

高原砂漠地帯、

モハーヴェ砂漠と コロラド砂漠 の一部です。



j6.jpg



標高の高い モハーヴェ砂漠 が

ジョシュア・ツリー の特別な生息地帯です。


ここの地質的特徴は、

土もなくむき出しの巨礫(きょれき)となった岩の丘です。



j7.jpg



この巨岩の山は、

世界中の ロッククライマー の憧れで、

腕を磨く場にもなっているそうです。



j8.jpg



巨岩の丘があちらこちらにある平地には、

まるで夜になったら動き出すのではないか

と思える ジョシュア・ツリー があちこちに立っていて、

まるで別の惑星のような別世界です。



j10.jpg


j11.jpg




ここの巨岩の上に ポツリ と座り、

見渡す限りに広がる大地を眺めていると、

何の音もせず、

心の中が洗われてきます。



j12.jpg


j13.jpg



四方八方に丸みを帯びた巨大な裸の石が転がる大地に

ジュシュア・ツリー がちょこちょこ立っているだけの奇妙な風景ですが、

なぜかまっさらな温かい気持ちになって、

不思議と癒されるのです。



j14.jpg



荒野には何か不毛の イメージ があったのですが

実際に来てみれば大違い…。


ここにはどことなく万物の精気が

満ち満ちているような気がしてなりませんでした。



j15.jpg



この公園の大きさは約 3,200キロ 平米だそうで、

東京都(約2,200km2)や神奈川県(約2,400km2)などは

すっぽり収まってしまうほどの広さです。



j16.jpg



不毛の大地などとも言われますが、

ここで観られる生態系も豊かです。


もちろんあまりにも広いので、

岩に座って眺めていても、

コヨーテ も ロードランナー も見かけませんでしたが、

主人は穴 ウサギ のようなものを見たと言っておりました。



j17.jpg



日本では、AKB の大島優子さんが、

この ジョシュア・ツリー の巨岩をバックに

TVコマーシャル の撮影をしたそうです…。
↑クリックで映像が見れます。


このような風景に触れることのない日本の方に

体験してもらいたい場所のひとつです。



j18.jpg



アメリカ の大地を見ずして

地球は語れないなーと思いました。


次の機会には キャンプ をして、

一日中浸ってみたいと思った癒しの地でした。





スポンサーサイト
カリフォルニア観光 | コメント(12) | トラックバック(0)

オールド・サクラメント

2011/10/18 Tue 06:06

サクラメント1写真はオールド・サクラメントです



加にある サクラメント は

カリフォルニア の州都…。



サクラメント2
オールド・サクラメント



サンフランシスコ から車で

2時間ほど内陸に入ったところに位置し、

海辺の涼しい サンフランシスコ と違って

大陸的な乾いた気候でした。



サクラメント3



州都とは言っても、ロサンゼルス と比べると

のどかな地方都市といった感じで、

人口も46万人ほどの小ぶりな都です。


サクラメント4
タワーブリッジ



1848年に近郊で金が発見されてから

ゴールドラッシュ の中心地として栄えたそうで、

そんな時代の面影を残す

“オールド・サクラメント”が

観光の中心になっています。



サクラメント5



西部劇の時代を思わせる街並みには、

お土産屋さんなど

様々なお店が並んでいました。



サクラメント6



大きな サクラメント川 が流れていて

蒸気船が停泊しており、

鉄道や駅の一部も再現されていて、

物資や人の流通が盛んだった

往時を偲ばせてくれました。



サクラメント7



1869年には、この広大な大陸に

鉄道が横断したとのこと。



サクラメント8



アメリカ が発展していく勢いを

感じさせていただきました。



サクラメント9



州都 サクラメント の中心には

美しい州庁舎や

高層 ビル が立ち並びますが、

今回は

オールド・サクラメント のみの写真です。


カリフォルニア観光 | コメント(8) | トラックバック(0)
475.jpg



加 サクラメント からの帰り道、
4月 に中断したままの話の続きですが)

サンフランシスコ の南から

101号線に乗り海岸線に出ました。



Map05_drive.jpg




ントレー で1泊し、

翌日 モントレー半島 を見学しながら

ロス に帰る計画を立てました…。



483.jpg



予約した ジャグジーバス 付の

モーテル に到着すると、

「私はあなたを知っていますよ。
ミセス○○。お待ちしていましたよ」

と受付の インド系 のお嬢さんが

笑顔で迎えてくれました。



予約 リスト に載っていた

日本人のお客様は私たちだけなので、

すぐにわかったのだろうと思います。



モントレー6



ントレー 半島は、

変化に富んだ風光明媚な海岸線に

17マイル・ドライブ という道が整備されていて、

州立自然公園、野生動物の保護地、

超高級別荘地がある

とても美しいところです。



545.jpg
野生の鹿。うしろの海に浮かぶ岩礁には、アザラシ の群れが日向ぼっこをしています。




半島の北側にある街が モントレー で、

20世紀初頭には

イワシ 漁で栄えたとのこと。


文豪 スタインベック の小説

『缶詰横丁』にも描かれて、

その名も知られているそうです。



イワシ の缶詰工場が並んでいた

海岸沿いにある キャナリー・ロウ は、

往時を偲ぶ建物や通りもそのままに、

お洒落な ショッピングスポット になっています。



538.jpg
写真を撮るのも忘れ、ただ呆然と景色を眺めていました。



だけども、

今回はこの美しい街並みも

風景も写真に収めることなく、

また、一度は見なさいと勧められた

モントレー・ベイ水族館 も観ずに

通り越してしまいました。





カーメル5


化に富んだ美しい海岸線に

何度も胸を打たれながら

17マイル・ドライブ を通り抜けると、

モントレー半島 の南側にある

カーメル

という街に入りました。



カーメル4



ここは目を見張るような瀟洒(しょうしゃ)

可憐な家々が並び、

まるでおとぎ話のような街並みで、

ぜひ歩いて散策することにいたしました。



566.jpg



カーメル は、

1986年から88年まで

クリント・イーストウッド が

市長を務めていたことでも有名だそうですが、

芸術家たちの街であり、美しい ギャラリー、

お洒落な ブティック や レストラン が軒を連ね、

街路樹のある通りや

家々の ガーデニング の美しさに、

心が洗われるようでした。



カーメル1



お洒落な雑貨屋さんに

無料の イラストマップ がありましたので、

それを手に眺めていると、通りかかった女性が

「どこへ行きたいの?」と声をかけてくれ、

いろいろと教えてくれるなど、

街の人の優しさにも触れました。



カーメル3



いつかまた、

モントレー半島 には、

心の静養に訪れたいと思いました。


カリフォルニア観光 | コメント(8) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。