スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

日本への祈り…

2011/03/13 Sun 15:01

祈り
出典 distillery.s3.amazonaws.com




被災者の方々の救済が
一刻も早く進みますよう
心からお祈りいたします。



東北地方太平洋沖地震の ニュース は、
カリフォルニア でも
Breaking News (ニュース速報) として
リアルタイムで報道されました。


地震国であるカリフォルニアでは
連日このニュースで持ちきりです。


津波が大地を走り、
田畑や家屋や道路や車を飲み込んでいく映像を見ていて、
これが日本で起こっているのかと思うと
涙が出てまいりました。


オバマ大統領 は
「両国の友情と同盟関係は揺るぎなく、
日本の国民が
この悲劇を乗り越える上で、
立場をともにする決意は
強まるのみだ」

と語ってくれました。


アメリカからも
レスキュー隊が出発しました。
世界も日本を見守っています。






スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0)

ジャスミン と ラベンダー

2011/03/08 Tue 08:50

ラベンダー9


LOWE’S の園芸店に行くと
“ピンク・ジャスミン” が
山ほど並べられており、
思わず
その香りに釣られて、
まだ花の咲いてない
小ぶりな ポット を買ってまいりました。


ラベンダー12
ピンク・ジャスミン


我が家の通りに面した金網の フェンス に、
何か蔓(つる)性の花を植えたいな
と思っていたのですが、

この “ピンク・ジャスミン” は
あまりにも可憐なので、
上手く育てる自信もなく、
とりあえず小さいものを買って
様子を見ることに…。


ジャスミン5


私の ジャスミン への イメージ は、
もう少し丈夫そうなものだったので、
調べてみると、
ものすごく奥が深い…。


そもそも
ジャスミン とは、
モクセイ科・ソケイ属 (ジャズミナム)
の総称であって、
数百種類もあること。

しかも、
その学術的分類とは別に、
蔓性で香りのある花に
“○○ジャスミン”と名づけられているものが
いっぱいあるそうです。


ジャスミン2
マダガスカル・ジャスミン (ハワイ名カリヒ)


そういえば、
ハワイ 時代の庭の フェンス に咲いていたお花も、
マダガスカル・ジャスミン (ガガイモ科キジョラン属) でした。

また、
いたるところにあった ピカケ (モクセイ科ソケイ属) も、
英名を アラビアン・ジャスミン と言うそうです。

そういえば
「普通のジャスミン は夜に香るけど、
ピカケ は朝に香るので、
レイ にするときは朝に摘むのよ」
と言われたっけ…。


ジャスミン4


いつも花の香りに包まれていた
ハワイ のやさしい空気が
懐かしく思われます。

そんな香りに包まれた庭にしたいと思い、
ついでに、“ラベンダー” にも惹かれて、
紫のものと白のもの
を買ってみました。


ラベンダー13


だけども、
ラベンダーもいろんな種類があって、
奥が深い…。


ラベンダー8


この紫のもの(写真上)は、
おそらくスペイン や 北アフリカ などの
温暖なところに分布する
デンタータ・ラベンダー系
と思われます。


ラベンダー11_1
鋸型の葉っぱも特徴だそうです。


一方、
白い花の方は、
フレンチ・ラベンダー系 の
ストエカスアルバ という種類
だと思われます。


ラベンダー4_1


とにかく
これは香りが強かったので
買ってみたのです。

暑さには比較的強い
と書いてあったので
ホッ としました…。


ラベンダー6


ハワイ ではほとんど放っておいても
草花がよく育ちましたが、
乾いた気候の ロサンゼルス では
どうか…? 

ものぐさな自分なので、
買ってから
ちょっぴり心配しています。






ロスの生活 | コメント(10) | トラックバック(0)

和の食卓

2011/03/03 Thu 13:48

サンタモニカ3_1

サンゼルスには多くの日本企業が進出しています。


特にサウスベイと呼ばれる地域には
駐在員の方たちも多く、
日系スーパーもレストランも様々にあり、
日本の食材にも食事にも
不自由はありません。


ただ私の住む地域からは遠いので
あまり行きませんが、
近いところにも日系スーパーは数店あり
助かっています。


そこでの買い物が
私の楽しみの一つなのです。


刺身2
刺身の盛り合わせが高かったので、手ごろな値段の切れ端を購入。


日本にいたころは
意識もしなかった和の食事ですが、
日系スーパーで和の食材などを見ると、
やたらに挑戦したくなります。


kabu4.jpg
カブと油揚げの煮物。器は陶芸を体験した時の初作品です。


そして、日本にいた頃よりも
和の食卓に凝ったりします。


アメリカで生活し、
改めてその有難さに
目覚めた感じです。


misoshiru.jpg
鯛のあら汁。


ぬか漬け
手作りのぬかずけを始めました。


北米、カナダ、メキシコなどに
進出している日本企業も多く、
日本メーカーの商品でも、
現地生産されているものは
価格も日本より割安です。


karubi.jpg
”カルビー・アメリカ株式会社”のスナック。


カリフォルニアは
農産物も豊富で、
日本と比べて値段も安く、
日本と変わらない食材も手に入り、
とても暮らしやすいところだと
感じました。


tofu.jpg
冷奴、こちらはアメリカ系、トレダー・ジョーズで購入


そして、世界中の食材が
揃うのも魅力です。


チャイニーズ系のスーパーでは
野菜が安いです。


春菊
この日は新鮮な春菊を買い、胡麻和えに。



日本では何気ない和の食卓を囲んで、
やっぱり自分は日本人だなと思いました。







ロスの生活 | コメント(10) | トラックバック(0)

海を渡ったお雛さま

2011/03/01 Tue 14:24

お雛様6_1


年配の日系人が、
お嬢さんのために
日本で買ったお雛さま。

約半世紀前、
海を渡って
アメリカに来ました。


お雛様8


ひな祭りを前に、
このお飾りを
お手伝いしました。

一つひとつの小さな品にまで、
とても手が込んでいて、
日本人の繊細さや美意識に、
思わず尊敬の念が
湧いてまいりました。


お雛様7


何体かの人形が紛失したそうですが、
今でもこんなにきれいです。


お雛様4


日本にいたころは
見過ごしがちだった
日本の歳時や伝統文化。


お雛様1


離れてみてその素晴らしさに
改めて感動します。
ロスの生活 | コメント(8) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。