スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
花2

日本大震災、福島原発事故は、
アメリカでも依然大きく取り上げられています。


そして東から西にいたる全米で、
実に様々な支援の輪が広がって、
現在でも
ますます活発に展開されています。


リストバンド1
ロスの学生たちが始めた“PRAY FOR JAPAN”、“HOPE FOR JAPAN”のリストバンド募金。一つ3ドル。


ロサンゼルスでも
各地で様々なチャリティ・イベントや“祈りと募金”が
頻繁に行なわれています。


中でも、
パサデナやエンジェルス・スタジアムでは、
いかにもアメリカらしく、
ドライブスルーで募金が行われました。

テレビでも広報したので、
1箇所だけでも数千万円におよぶ義援金が
寄せられたそうです。


RAFU.jpg
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校の日本庭園で行なわれた
“Japanese Disaster Relief Project”の記事(羅府新報)



とりわけ、カリフォルニア州は、
福島と同様、太平洋沿いに
2箇所の原発を抱えると共に、
“サン・アンドレアス断層”が
縦断しているため、
日本の対応を
まさに固唾(かたず)を呑んで見守っており、
メディアも敏感に反応しています。


リストバンド2


後に、
日本の復興にエールを送る声が
支援活動とともに
高まっていることについて
紹介させていただきたいと思います。


日本の被災者の秩序ある様子に
称賛の声が上がっているのです。


CNNテレビでは、
「日本で略奪と無法状態が起きないのはなぜか?」
との疑問に対し、
「敬意と品格に基づく文化だからだ」
と言っていました。


そして
「そういう人たちを進んで助けたくなる」
とエールを送っておりました。


またワシントン・ポスト紙は、
日本が敗戦から並外れた
発展を遂げたことについて触れ、
「返り咲く力を持っている国があるとすれば、それは間違いなく日本だ」
と指摘しました。


「被災地での日本人の結束の強さや創意工夫の力を見れば、
日本は臨機応変さも組織力も失っていない」
と、復興にエールを送りました。


のたび
世界が日本に手を差し伸べてくれました。


日本が見事復興を果たすことが
その恩返しにもなると思います。


祈り続けていきたいと思います。







未分類 | コメント(16) | トラックバック(0)
コメント
Yamayan
おはよう!
世界中の人達が日本のこの震災に対して心を痛めている
様々なニュースは、一部かもしれませんがニュースになっています。
援助の方法は、時間とともに変化をしていくけど
長い時間のサポートが必要だよね
日本に住んでいる自分たちも、このことに心を通わせて
自分たちの生活をしていかなくてはと感じる毎日です
当たり前だったことが当たり前ではないのが今なんだけど
それぞれが今までを見直すチャンスだったんだねえ
って、いうような話を色々なひととします
お店が夜遅くまで開店していなくても、
電気がこうこうとついていなくても
などなどね
忘れないこと
復興するためには時間がかかること、
そのために長く関わっていくこと(自分らしくね)
様々なことを思う毎日です
ただ、原発だけは、早く見通しが立って欲しいと願うばかりです
アメリカからは「友だち作戦」なる、大変な支援をいただいています。沢山な「物心の支援」が被災地の人々を勇気づけています。
yamayanさんの云う通り、復興が恩返しになりますね。そして日本が力をつけたなら又、困ってる国があればきっと援助するでしょうし、しなければなりません。
海外からの震災復興支援ほんとに有難く思います。
日本人の本質が解ってくれたんですよね。
豊かな生活 誰もが望み より便利により満たされてと
普段から質素な生活してる田舎人のほうがより立ち直りが早い事でしょう。
まだまだ 日本人の心持ってる人々だからね。
田舎者のひがみかな? 失礼なコメントお許しください。
期待に応える
苦労して達成した建国。

戦後の日本の立ち直り。
長い期間の同盟。
裏切り行為をしない国。

信頼に応える反応と結果を出さないといけませんね。
海外から沢山の支援の手が差しのべられて本当に有難いことだと感謝しています。
特にアメリカは同盟国と言うこともあって友達作戦という形で、被災地の復旧や復興作業、原発対応などに全力を挙げて取り組んでくれています。また、国民の皆さんも様々な形での支援活動をしてくれています。
これらの支援に我々日本人は復興という形で答えなければなりませんね。
遠くアメリカからも温かい支援をいただけるのは、とてもうれしいことです。

ネットでABCニュースを見たら、日本のNHKニュースよりもずっとショッキングな映像が流れていてびっくりしました。おそらく、日本ではパニックをおこさないように、あまりに刺激的な映像はマスコミが自粛しているのだなと感じました。

米軍基地に勤めるアメリカ人のご家族が、日本から逃げるようにして次々とアメリカへ帰ってしまうのは、ちょっと悲しいのですが、あの映像を見れば、無理もないなあ、なんて思いました。

こちら、日本では、今年も変わらず、美しい桜が開花してきています。どんなことがあっても咲いてくれる花。それに心から感謝している今年の春です。

アメリカからの温かい記事、ありがとうございます。
Re: タイトルなし
うりさん、

ほんと。うりさんの言うことに、私も全く同感です。
私も今までを見直して、当たり前という意識を見直して、
ありがたいという考え方をしていかなくてはと思います。
ほんと、原発の放射能漏れだけは、
これ以上の被害が広がらないようにと祈る気持ちでいっぱいです、
こちらで東北の天気予報を見ると、
朝夕の寒さが未だに真冬並みで、皆さんのご健康も心配です。
Re: タイトルなし
鳥さん、

日本の不死鳥のような復興が、
必ず世界のモデルとなると思うんです。
世界の希望にも勇気にもつながっていくと思います。
本当にがんばって。ニッポン…!
Re: タイトルなし
Risanさん、

私も少々便利に流されていました。
私も、日本人本来の、心と物を大切にしてきた精神を
取り戻して行きたいと思います。
Re: 期待に応える
ijinさん、

コメントありがとうございます。
本当にijinさんの言われる通りだと思います。
でも、この十数年日本では総理がちょこちょこ変わったり、
親子間の虐待や今までになかったような事件などがあったり、
政治も社会も道を失ったような閉塞状況にあったような気がします。
しかし、このたびのことで、日本はまだ
世界からの信頼が失われてないことがわかりました。
この大震災後の今、日本はどの道に進むべきか見えてきた気もします。
一つは、やはり道義ある国という日本らしさに立ち返ることだと思います。
Re: タイトルなし
irabunchu2006さん、

海外から沢山の手が差しのべられていること、
私も本当に有難いことと感謝しています。
実を言うと、あまり大きい声では言えませんが、
世界の国々は、自国の利益のみしか考えてないと思っていましたが、
世界も案外捨てたもんじゃないと思いました。
それとちょっと手前味噌ですが、戦後の日本は、
いろんな国にいいことをしてきて良かったなとも思いました。
今回、特に熱い友情の手を差し伸べてくれているアメリカは、
やっぱり友だちだったんだなと思うと、それも素直に嬉しく感じました。
Re: タイトルなし
空花さん、

コメントありがとうございます。
そうです。こちらのテレビで、
NHKでは流れないような映像をたびたび見ました。
こちらではあまりオブラートに包むような報道ではありません。
良くも悪しくも、きちっと現実が突きつけられる感じです。
空花さんの見せてくれた桜の花、
やっぱり理屈ぬきに美しい。
amayanさ~ん(^_^)oharuでございます~♪
日本人だけでなく、世界の人達が支援の輪を広めてくれているとのこと、感激しています。
実は私、宮城県名取市に住んでおりまして、まさに被災地と呼ばれている場所におります・・
幸い、津波が襲った場所からは離れており、家も無事だったので、今は炊き出しなどのボランティアに参加しています!

避難所に訪れることで悲惨な話を直接耳にすることが増えてきたので
最近は綺麗なものが見たくなり、お花を飾ったりして自分を
癒しております・・

yamayanさんの写真にも癒されております♪
LAの素敵な写真、どんどん更新してくださいね!

(ちなみに実家は福島です・・有名になってしまいました・・)
Re: タイトルなし
oharuさん
お見舞い申し上げます。
そして、ボランティアご苦労様です。
本当に大変でしたね。
そして今も多くの方が大変な思いをされているかと思うと
心が痛みます。

oharuさんのご実家のご家族はご無事だったんでしょうか。

いずれにしてもまだまだ大変な日々が続くと思います。
oharuさん、くれぐれも体に気をつけてくださいね。
大変な中、コメントありがとうございます。
yamaちゃんお久しぶりです。
地震の前後、何ともいえない不調感に襲われ、気が着いたら1月経っていました。
yamaちゃんの地震後すぐのメッセージは嬉しかったです。
ありがとう。

太平洋側の関東から東北にかけての被害は凄く、
私たちの感じる揺れなんて比でもないでしょうけど、
時々襲ってくる余震に驚いている毎日です。

そんな中、日本のみんなの団結力には驚いています。
そして海外の国々からの援助には感謝をしています。

でも未曾有の震災で、まだまだ復旧の手は末端にまでは行っていません。
私の会社の人で、
家が流されてまだ避難所でテント暮らしの人もいます。
関係会社では仕事がなくて困っています。
取引先が海岸端で、会社が無くなってしまったからです。

毎日報道されるニュースなどで心を痛めていますが、
募金するくらいしか私たちができることはありません。
長いスパンで援助していかなくてはいけないと思っています。
Re: タイトルなし
かりんちゃん

ご無沙汰しています。

本当にかりんちゃんの言う通りだと思います。
被害に遭われた方々の回復を祈りつつ、
みんなが心をひとつにして、
素晴らしい国づくりを目指して、
一歩一歩踏み出して行きたいと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。