スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「死者の祭り」 体験

2011/10/26 Wed 09:39

死者の祭り6_1_1
思い出の ワンショット。「死者の祭り」で司祭から祝福を受けた。



ロウィン が近づくと、

昨年10月末に

ロサンゼルス に来た当時のことが

思い出されます。



死者の祭り8
ロサンゼルス の ダウンタウン



日系 ミセス の N さんから、

メキシカン のお祭りに誘われました。

彼女の説明によると

「死者の祭り」といって、

メキシカン の ハロウィン のようなもので、

メキシカン の友達から

招待されているとのこと。



右も左もわからぬまま、

ダウンタウン の ユニオン・ステーション 近くの

オルベラ・ストリート に

連れて行ってもらいました。



死者の祭り9
ようこそ、オルベラ・ストリート へ。(写真はHPよりお借りしています)



そこは何と

ロサンゼルス 発祥の地だそうです。



18世紀、スペイン の宣教師が

この地に住み始めて以来、

メキシコ からの移住者たちが集まり、

スペイン語 で天使達を意味する

Los Angeles(ロス・アンヘルス)

と呼ばれたのが始まりだそうです。



死者の祭り1



この オルベラ・ストリート は、

メキシコ のお土産屋さんや

レストラン が道の両側にびっしり並び、

まるで浅草・浅草寺の通りや

縁日を連想させてくれます。



休日には、伝統的な衣装を身に着けた

マリアッチ(バンド)

情熱的な歌を奏でます。



死者の祭り2



「死者の祭り」は

日本のお盆と同じで、

毎年この時期に死者(先祖)が帰ってくるそうで、

故人が好きだった

食べ物などをささげた祭壇を用意し、

先祖達と共に楽しみます。



何とこの祭りの トレードマーク は

ガイコツ …。



死者の祭り5



お店には ガイコツ の グッズ が所狭しと並び、

大人も子供も カラカス と呼ばれる

ガイコツ の マスク をつけ、

羽飾りをつけた衣装で パレード をし、

死者に捧げる ダンス をします。



ガイコツ は死と再生、

生命の喜びをあらわすそうです。



に驚いたのは、

私達を招いてくれた

メキシカン 家族の先祖(お父さん)が、

その年の供養を受ける順番に当たっており、

「N さんの友人なら家族も同然だ」と、

私もその家族の一員として

パレード に参加することになったのです。



群集が見守る中、

真ん中を中央の祭壇に向かって進み、

厳粛な祈りの チャンティング がされる中、

司祭がされるように、

天と地、四方、八方の神に拝礼し、

大地に口付け、

そして家族の先祖とともに祝福されました。


パレード の見学者の皆さんからは

「なぜ メキシカン の家族の中に日本人が混じっているのか」

と思われているのではないかと

ちょっぴり照れくさい思いでした。



右も左もわからぬまま、

私はこの厳粛な祈りに引き込まれるように参加し、

ロサンゼルス 発祥の地で、

天と地の神々さまに祈りました。


それは目に見えない大きなご存在から

“ロサンゼルス によく来たな”

と温かく迎えられたようで、

胸の奥からとても熱いものが

こみ上げたことを今でも覚えています。



CatrinCatrinamujer.jpg
(写真はHPよりお借りしています)



そんな感激で、

パレード の一員になってしまったものですから、

数々の美しい祭壇の写真も撮る機会がなかったのですが、

「死者の祭り」の死者とは、

愛する身近な祖先たちを指し、

そのお祭りは、とても陽気で

温かく厳粛なものでした。



メキシカン の人たちが

先祖を大事にすると知って、

何か親しみを感じたことも覚えています。



ロスの生活 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
メキシカンらしく明るく陽気なお祭りのようですね。
ロサンゼルスがメキシコからの移民の方達が
最初に住み始めた場所だったとは知りませんでした。
沖縄も先祖を非常に大切にします。それもあって
目上の人には決して逆らいません。子供達も
礼儀正しいですよ。
こんばんは!!
LA懐かしいです。このメキシカンストリート行ったことないんですけど、知ってます!!
LAはスパニッシュの名前が多いですもんね、通りなんかも。
御先祖さまに感謝です
途中から 厳粛な気持ちで読ませていただきましたね。
この現在 都会に住んでいる若者達はどれ程お盆に御先祖さまに感謝の気持ち持っているんでしょうね。
お盆の休みだけが先行してないでしょうか?
日本でも田舎ではまだまだ御先祖さまに感謝して行事を行っています。
でも 昔からお祭りなんですよね。
盆と正月が一緒に来た って言いますもんね。
祖先を敬い そして楽しむ 正にこのお祭りですね。
irabunchu2006さん
亡くなった先祖の子孫達がオルベラ・ストリートをパレードする姿は、
先祖とともに楽しみながら歩いている感じでした。
先祖があっての私たちの今日ですから、敬わなければいけないですね。
tomotanさん
さすがLAに住まれていたtomotanさん、ご存知ですよね。
確かにスパニッシュの名前の通りは多いですね。
メキシカン料理のレストランも沢山ありますし。

Risanさん
この儀式に招待してくれたメキシカンの方がおっしゃっていたのは、
「先祖を敬い、生きている子孫が楽しく幸せに暮らすことが、
先祖への一番の供養になり、先祖の喜びになるんです。」
とおっしゃっていました。
その言葉を聞いて、本当に親しみを感じました。
そして、メキシカンの人たちは先祖のお墓の前に子孫が集まり
その場所で食事を頂きながら、楽しいひと時を過ごすそうです。
No title
このお祭りのこと
以前にテレビでみたことがあります
がいこつ
がユーモラスでなんとなく記憶に残っているんだ。。
世界にはまだまだ私たちの知らない
いろいろなことがあるんだなぁ
yamayanの経験を通して
改めて思う私です
自分のいるところでいっぱいいっぱいのワタシなんて
ちいせえな!!
って笑ってしまえるくらいになりたいもんだ!!!
うりさん
こちらに来て始めてのイベント参加が、死者の祭りで
すごい経験したって感じです。
確かに世界にはまだまだ知らないことが沢山あるんだよねぇ。
いい経験させてもらいました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。