スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

海を渡ったお雛さま

2011/03/01 Tue 14:24

お雛様6_1


年配の日系人が、
お嬢さんのために
日本で買ったお雛さま。

約半世紀前、
海を渡って
アメリカに来ました。


お雛様8


ひな祭りを前に、
このお飾りを
お手伝いしました。

一つひとつの小さな品にまで、
とても手が込んでいて、
日本人の繊細さや美意識に、
思わず尊敬の念が
湧いてまいりました。


お雛様7


何体かの人形が紛失したそうですが、
今でもこんなにきれいです。


お雛様4


日本にいたころは
見過ごしがちだった
日本の歳時や伝統文化。


お雛様1


離れてみてその素晴らしさに
改めて感動します。
ロスの生活 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
こんにちわー
yamayanさん お元気で南加生活 エンジョイしてますか
この二日ほど お天気悪くて 家に閉じ篭り状態です。

異国での ひな祭り感慨深いもの感じるんでしょうね。
まして 女性ならなおさらですね。
世間とかブログでもチラホラ見かけますが、
我が家では生まれてから ひな祭りは経験ないので羨ましいな~
今更ですが 姉妹とか娘が居たらなーって思う今日この頃です。 
今でも大事にして毎年飾られているのですね。
日本では最近はこのように大きな雛壇は飾られなくなりましたね。うちの場合も小さい雛飾りでした。
身近にあると気が付かない場合が多くあると思います。海外に出て初めて日本の良さを知ることも出来るのでしょうね。
Re: タイトルなし
Risanさん>
こんにちわ。
いつもありがとうございます。
3月に入ってもそちらはまだまだ寒そうですね。
ロサンゼルスはここのところ寒い日が続いています。

私は三姉妹ですが、こんなに立派なお雛様は残念ながら我が家にはありませんでした。
アメリカに来て初めてです。
感動しますね。

Risanさんは端午の節句が待ち遠しいのではありませんか。
Re: タイトルなし
irabunchu2006さん>
このような立派なひな壇は日本でも中々見れなかったのですが、まさかアメリカで出会えるとは夢にも思いませんでした。
大切にしたい伝統だと改めて思いました。
irabunchu2006さんがおっしゃるように、海外に出ているからこそ、日本の良さを感じるのだと思いました。
yamayan
アメリカの地でお雛様飾りなんてステキだね
小さい頃は
たくさんいて、恐いと思った記憶があるよ
押入れに仕舞われていて
よく起られると押入れに入れられたんで
恐かったよ
そのお雛様、、今はもうないんだよね
なぜって、押入れの中でこっそり出して遊んで
髪の毛とかとっちゃった!りしたからなんだよね
今思えば、何たる親不孝な娘だったことか
今になって、お雛様いいなぁ
ほしいなぁ
って思うんだけどね
こんばんは。
いいお話ですね。異国でのおひな様すてきです。
Re: タイトルなし
うりさん>
うりさん、しかられて押入れに入れられるなんて、小さい頃はおてんばだったんだね、きっと(笑)。
でも、それもこれも懐かしい思い出だよね。

うちのお雛様は、祖母が嫁に来るときに持ってきたらしくて、なんと、九谷焼のお雛様だったんだよね~。
当時は、ちゃんとしたお雛様が欲しくて、ひねくれていた記憶があるよ。
でも、今そのお雛様、骨董品で高く売れるかも…。
もうないと思うけど…。
Re: タイトルなし
ふわころ本舗さん

コメントありがとうございます。
異国にいると、こういう日本の伝統品が一層輝いて見えます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。